歯科・口腔外科Q&A

【親知らず】

●Q:右上の親知らずを5年前に抜きましたが、現在未だ大きな穴があいていて、その穴には骨みたいな硬いものがあって、舌にあたって困ります。

●A:仮に、それが歯の土台であると仮定すると、抜歯は完全でなかったのでしょう。
抜歯後、深い穴ができますが、時間が経過すると閉鎖するか、浅い穴(抜歯後相当大きい穴の時)になるときが見られます。

この時縁が少し盛り上がりますが問題にはなりません。
ただ、骨が現われている場合は骨の炎症が起きる見込みがあるため、その状態のままにしては駄目です。
検診がてらに歯科医院を受診してみては?


●Q:上顎の親知らずを抜いた際、術後2時間ほどから、うつむくと鼻血が出るという状況が3日続きました。
抜歯後は滲出液が出て、鼻から空気は抜けるようになってしまいました。

●A:親知らずを抜歯した後、口腔と上顎洞(鼻腔の隣のある副鼻腔のこと)が交通したと考えられます。
1ヶ月かけて閉鎖する事も見られますが、上顎洞炎への可能性も危惧されます。

手術や人工コラーゲンにて閉鎖するやり方なども見られます。深刻化すると入院が大事になることも見られます。
口腔外科受診をした方がベターだと考えています。心置きなく歯科治療をしてもらうためには、前もって歯科医師と丹念に意思疎通をとることが大切です。不明瞭な部分はためらわず尋ねましょう。


●Q:左下の親知らずを抜いた後、腫れがひどく、抜歯3日目から耳の前隣に激痛があり、突っ張る感じがします。
それに、今だに口の中が変な味がします。

●A:抜歯後に腫れなどはよく在りがちなことを指しますが、変な味がするという事が問題です。膿なども変な味(酸味)がします。

もし膿であると抜歯後の感染を疑います。早急に受診したほうが良いと思います。

歯のエナメル質に付いてしまった歯石と歯垢等の汚れを除去する処置を、歯科ではクリーニングと呼びますが、さきほどの歯石と歯垢などは、不愉快な虫歯の要因と言われています。
口の中の乾燥、歯周病と同様に、入れ歯の使用が原因で生じる口の臭いなど、加齢と口の臭気の因果関係には、はなはだたくさんの関連性が存在するようです。
まず始めは、歯磨き粉を使用しないで隅々まで歯をみがく方法をできるようになってから、仕上げ時にごく少量の歯磨き用の洗浄剤を用いるようにすると丁寧に磨けるようになるでしょう。
歯列矯正の治療をすることで見た目に対する自信がなく、憂いている人も笑顔とプライドを手中にすることが叶うので、内外面ともに豊かな気持ちを取得することが可能です。
一般的には医師の数が多いと、きっちり患者さんを診察してくれそうですが、意外なことにそんなところは流れ作業であるかのごとく、患者さんの処置を行う場所も存在します。

どのような職業の社会人に対しても当てはまる事ですが歯科に勤務する衛生士のように医療関係の機関に身を置いている人は、かなり服装や髪形に神経を使わなくてはならないのです。
デンタルクリーニングを受けるのは、歯周病の原因となる菌の活性化を食い止める確かな方策であると、科学的に証明されており、感覚的に清々しいだけではないとの事です。
親知らずをオミットする時には、相当に強い痛みを回避できないが故に、麻酔なしの手術を遂行するのは、患者にとっては重い負担になることが予想されます。
プラークコントロールと聞くと、歯みがきを想起する状況が大多数だという印象を受けますが、実際はそれ以外にも豊富なプラークコントロールの方法があると言われています。
病院でのインフォームド・コンセントは、病気の状況を的確に納得しそれに有効な治療の実施に、嫌がらずに対応するようにしましょうという信念に起因するものです。

歯周組織の再生に、エムドゲインの採用はものすごく効果的な技術なのですが、それにも拘わらず、完全な再生の結果を獲得するとも言い切れません。
針のいらない無針注射器のシリジェットと各種レーザー治療器を両方取り入れて処置する事で、ムシ歯も口内炎も、あの苦痛を大抵与えることなく施術することができるようです。
上顎と下顎のかみ合わせの悪い状況は、顎の関節の病気である顎関節症の主因のひとつではあるとされているものの、まだ他にも遠因があるかもしれないと認められるようになってきたそうです。
いま現在、虫歯の悩みを有している人、加えて以前ムシ歯に悩んでいた人、実に日本人のおよそ9割がこのようなムシ歯菌を、十中八九擁しているのだと言われています。
ノーマルな入れ歯の難点をインプラントを施した入れ歯が補完します。ピタリとフィットし、容易にお手入れできる磁気の力を使った物も手に入ります。